ザ・殿堂入りコラム!


最近の記事+コメント


キーワードサーチ


過去ログ


相互リンク


全記事(数)表示

全タイトルを表示

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




お客様があきることは、想定範囲以内。と言う営業を心がけなければいけません。
なぜか?女の子が落ちない。 これは、あきらめになるのです。
100%あきさせない方法は、存在しません。


その手の手法の王道は、親友になってしまう。恋の相談相手になってしまう。
つまり、色恋営業から、人情営業に変えていくしか方法はないのです。
友人となり、情でたまにお店に来る。細く長いお客様にし。
そのようなお客様を沢山作る事によって、自分の指名数をキープできます。


それでも、お客様は減っていきます。
このロジックを具体的に考えた人は、きっとあまりいないでしょう。
なので、具体的に説明させて頂きます。



女の子は、出来るなれば気楽で接客できるお客様の方が好きなんです。
自分が楽な道を選択しがちなのです。自分では気がつかないのです。



これは悪い事ではありません。
むしろ当たり前で、人間的な行動なので自分自身を否定的に考える必要はありません。



水商売と言うストレスが溜まる環境下では、常に精神力を消耗するのです。
その反発作用として働く心理が、自分が楽にいられるお客様との人間関係に執着してしまうと言う事です。



それが故に、他のお客様に営業をかけて、自分が持っているお客様の層の底辺を広げるより。
狭く、密な人間模様を作る営業を行ってしまうのです。



ですので。少数特定のお客様に執着するのではなく。このブログで、何度も登場してきた、高確率セールスと言う営業手法を取り入れて・・・去るもの追わず。常に新規開拓。として、見切りを早くする営業を行わなければいけないと思っています。



もちろん、少数特定のお客様に対して執着して頑張ることは、悪い事ではありません。
その中で、いかに長く続けてもらうという自分の能力を鍛えるには、チャンレンジし続けなければいけません。




なので、執着してベストは尽くすが・・・
あまり多くの時間を費やさない。
他の人間を開拓していく。


この部分を、考えていかなければいけません。



もし執着して、あきさせない為に何をすればよいのか?
また、どのように考えればよいのか?


この質問に対する答えは、すでにこのブログに存在します。



カテゴリーの、実践心理学を見ればあきさせない心理学については網羅しているはずです。




大丈夫ですよ。
だれでも、あきられます。あきられないホステスなんて、この世に存在しません。



大切なのは、そのような事実の中。どのように自分が動くかです。
この努力を忘れなければ、報われる時が必ず来ると思っています。






スポンサーサイト
水商売をやっていると、やたら外で会おうとするお客さんに会うのは同然です。


なぜならば・・・・


外で会うことが出来れば・・・・


お客様にとってお店にくるお金はムダだから。


でも、女の子はお店に来て欲しい。



これは、永遠の課題で、単純明快な解決策があるわけではありません。


それは、相手がどのような人かによって、出る答えが全く変わるからです。




一番、女の子にとってやりやすい方法は・・・・


相手に悟られないように、交換条件なような交渉を成立させる事です。




男だって、馬鹿ではありません。


何も得ることがなくて、お店に通い続けることなんかしないでしょうね。



男が何を求めているかによりますが・・・・




質問の内容を見た感じだと・・・・


「店の外で会うことしか考えないお客様ばかり。」


つまり、色恋を求める男性客に出会う確立が非常に高いという事ですね。


そして、お金に対してシビヤに考える人が多いという事ですね。







色恋を求める男性客に、接待のマネージメントを提供しても駄目です。


相手の求めているに反応しなければ、いけません。


水を飲みたがっている人に、お米をあげてもしょうがないのです。







このタイプの攻略方法は、お店で出来るだけ距離感を縮める。


私の本に書いてある方法を使うと良いでしょう。きっと出来るはずです。


アフターや店外デートは断る。


理由は、良く知らない人とは外で会うのはNGという事を伝えるのです。


表現は、自分の表現でオブラートに包んで下さい。




ここで起きる壁は、メル友の壁です。


お金に対してシビヤな男は、メール攻撃をしてくるでしょう。


それに応戦していると、メル友になっちゃいます。




それも完全に悪いことではありません。メル友になって、ある程度人間関係ができたら・・・・


今度お店に来て♪とダイレクトに誘うのです。これでNOならば、切った方が良いでしょう。


でも、メル友になると、メル友で終わる確率が高いことでしょう。俺の経験則でいうとそういえます。





出来るだけ、メル友になりさがらないように意識しながらメールして。


一度、お店に顔を出したら。ランチに一緒に行く。そして早く切り上げる。


今度は、2回お店に来たら、1回アフターに行く。


など、距離感を掴みながら、取っていくのが良いと思います。




大切な事は、このように意識してもお店に来ないお客様です。


そのような人はお店に来ません。



俺も、仕事の付き合いや友達の付き合いでキャバクラに行くこともあります。


どんなに営業されても、お店に顔出したことはありません。


そういう人間もいるんです。そういう男は、早めに切るんです。




水商売をやっていると・・・・

「愛人になってくれ」と誘われることが少なからずあると思います。



確かに、甘い誘惑です。


他に彼氏を作っても良い。


サポートもしてくれる。


物も買ってくれる。


旅行にも連れてってくれる。


マンションも借りてくれる。



そして、その代償が・・・・


女の子の時間と体。



以外にも、気色悪くない、普通にちょいモテなダンディな男から声をかけられたら、


心が揺らぐ時もあると思います。





なぜ、揺らぐか?


それは女の子にとって、とっても都合が良い条件だからなんです。


その将来に起きるリスクが見えてないからです。




皆さんは、きっとDNAで感じとっている事です。


男と違う感性です。



女性は、一度お付き合いした男より上のレベルでないと付き合わない傾向が強いのです。



これは、より生存確率が高い子供を生む為にDNAがそのように脳裏に訴えかけるのです。



特に、年齢を重ねると、妥協しずらくなります。


水商売をやっているとプライドも出てきます。


その結果、身の丈に会わない良すぎる男と付き合うと、良くない可能性が出てくるのです。





非公開コメントで、もし俺だったら愛人のオファーをどう断るか?と言う質問を貰いました。



私ならば、相手の事を好きで現在断る理由が全くない上で、断ります。



こんな感じです。


○○さんとお付き合いしたら、本当に好きで離れられなくなっちゃう。


絶対に自分の物にならないし・・・・
○○さんと一度付き合ったら、○○さん以上の人をどうやって見つければいいの?


私を苦しめないで。


と言って抱きついて。涙流せば・・・




男は、フリーズしてしまいますよ。


相手も希望を持っている事だろうし。拒否もしていないし。


嘘と言う立証もできないだろうしね。


魔性的な、断り文句でしょ。


この手を実際に使ったホステスの子は私が知っているだけで二人います。




私が、近未来を予測します。


これからの日本は、経済的に不安定になり。お金の稼ぎかたそのものが変わります。


イギリス型になっていく事が予想されます。




つまり、国内の労働集約産業が終わりを告げようとしています。


労働型の仕事→知的な仕事の移り変わりです。





また、日本は資源国でもないし。農業国家でもないのです。


金融業がメインになっていく事が予想されます。


つまり、投資などでお金の運用がさかんに行われなければ、国民総生産がドンドン低下していく時代になってしまっているのです。


日本の貯蓄率は世界的に高水準でしたが、それも後数年でトップの座から落ちるでしょう。




ホステスは、他に仕事をしようと思えば、きっとなんでも出来ると思います。


けれど、1度ホステスの生活水準を味わうと、中々昼間の生活が出来ないと思います。


そして、長期間ホステスをやると、今後の不安も抱える事が予測されます。







そのような不安を、断ち切る事が出来る生活費の捻出の仕方を研究しております。




つまり、水商売に適した、不労所得を得る方法です。




近未来型のホステスは、自分で仕事をしながら、お金を運用して不労所得を増やしていく生活が好ましいと考えています。



短期で、一時期にがばっと稼げる水商売だからこそ、このような知識と知恵が必要になってくるんです。




たとえ、ごく普通の男と恋愛結婚しても、将来化粧品に費やすお金を減らしたり



美容にかけるお金を減らしたくない子もいると思います。



相手が、どのような人であったとしても、他人の財布を使うことはストレスになる事でしょう。



水商売的な、男女の色恋コラム。自己啓発系のコラムにさらに・・・・



お金に関する知恵と、テクニックをこれから公開しようと思っています。




水商売に徹した女性が、不安なく幸せに生きる事が出来るよう。



惜しみなく、私が研究したノウハウを提供する事を約束します。





私が、会社の海外研修で行ったのは、バンコクです。


そう。朝からゴルフ、夜は、バンコクの街中でのみ歩きです。



私は、今まで自分が経験した事がない、接客。



女の子の価値観に触れることが出来て、雷に打たれたような感覚になりました。



価値が高い女を演出して、成功者の証である、お金がかかる女を落すという欲求をかき立てる、銀座流の接客と180度反対のやり方なんです。



全く、正反対。



だからこそ、新鮮だった。そして、お客さまを見極めて、バンコクのようなスタイルと銀座のようなスタイルの2面性を持つことが、理想的だと感じました。



バンコクの女性は、お金の為になら体も平気で売るような女性が水商売をやっています。



生活がかかっている。家族を養わなければいけない責任を背負って水商売をやっている女性が多いのです。女性が昼間の仕事をするのは大変なようです。



自分の娘を売るのが一般的な貧困層の家庭らしいです。



このような場所で、彼女達が体を売ってしまう理由を分かりながらも・・・・・



彼女たちまごごろサービスには、お金が理由で自分に近づいたのではないと勘違いさせるパワーがあるのです。



彼女たちに虜になった男が、日本に帰りどのようになったか・・・・



掲示板やブログを見たり調査した結果。



彼女たちをサポートする為に、日本からお金を送金する男の人達も少なくないようです。



また、日本を捨ててタイに足を運び、結局詐欺のように騙されたという男もいるようです。



この点は、銀座のように分かっていて騙されると言う感じと違うのでしょう。





うちの会社の黒服のうちのじゃかん数名は、完全に虜になっていました。


ミイラ取りがミライになるのをまじかで見ていて、俺的には大きな収穫がありました。


笑えるくらい、面白かったです。


しかも、おかまか本物の女かも、最後までわからなかったなんて例もあったし。





1ついえることは、彼女達は男心を熟知していること。


日本人の国民性を理解していること。


汚いことすら、綺麗にジャスティファイ(正当化)させてしまうこと。


完全といえるレベルまで自我を抑えて相手を優先すること。


このような感じを受けました。





おれ自身、最後まで彼女達が計算高い人間かどうか? 知る事が出来なかった。



周りの人間の話を聞いても、彼女は計算高くはめようとした!と判断出来る決定的な糸口を掴むことが出来なかった。



見ようと努力しても、見る事が出来なかったのです。


それは、いくら計算高くお金の為に汚い事をしていたとしても・・・・


そこに、本物のハートがあるからなんです。


そのまっすぐなハートが、マイナスな部分をカバーして男を混乱させているんですね。





もし、真面目で素直で、女遊びになれていない彼氏を持っているならば・・・・



彼が男同士でバンコク旅行に行くという話が出たら、要注意ですね。



普通の日本人女性ならば、あっちの女性に寝取られるのは目に見えます。



遊ぶならば、必ず約束ごとや2人の仲でルールを決めて旅行を許可するべきですね。



バンコクの女性(おかま?)は、非常に危険です。



その彼女達の実際目にした接客術を、次回、公開します。




 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。