ザ・殿堂入りコラム!


最近の記事+コメント


キーワードサーチ


過去ログ


相互リンク


全記事(数)表示

全タイトルを表示

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




久々に、この男の大脳生理についてのコラム。

実に、この生理になるような、心理メカニズムは実際に身の回りに存在しても・・・・

気がつかないでスルーしてしまうものです。



俺のブログ初心者の方も最近増えているので、説明します。


男から、期待できる行動を引き出すのには、二つに切り分けがあります。

1.男の性格や考え方により、変化する事。
2.男と言う性に支配されて、選択の余地がない事。


例えば・・・・

彼が好きなファッション。 これは1番でしょう。

良いHが出来れば、満足し続けていれば浮気はしない。これは2番です。


大脳生理と言う部分は、この2番の例題の話。




ちょっと長いけれど、このブログの読者には大変ためになるケースだと思います。


それは、このブログで話している小悪魔術を取り入れた結果とし起きている常態なので・・・・


成功例としてあげる事が出来る。


まるで、俺が唱える小悪魔論を絵で書いたような結果です。






では、本題にはります。  このようなコメントを貰いました。

=======================================
今日彼に、「俺はお金とか会いに行くための往復3時間とか、負担してるけど、
○○は笑顔とか楽しさとかはくれてるけど、正直負担は何もしてないよね?」
と不満を漏らされました。


私が部屋に彼を入れることを断固拒否しつづけているのが原因です。


私は自分の空間が侵されるのはかなりのストレスなのです。
秘密主義だし、見栄っ張りなんだと思います。
それは伝えていますが、 「俺は全て出してる。○○はいつでも逃げられるような状態に留まってる。
一歩踏み込んで欲しい」と返されました。


その電話が終わって20分後くらいに
「就活上手く行ってないから八つ当たりしちゃったのかも。○○の唯一の弱点を攻撃しちゃった。
逆にいうと、部屋にいれてくれないことくらいしか気になる点ないってことだよ。


攻撃的になって悪かった。部屋のことも気にしないで」と反省のTELが来ましたが・・・。
私はちょっと悪いなあという気になりました。


急な誘いに応えたり、店やホテルのセレクト時、
こっそり自分より彼の好みに合わせて希望を出したり 
元々自我が強い私にしては犠牲を払っているつもりでしたが 
確かに彼が払っているコスト(ホテル代と食事・映画代で月○○万くらい)
にくらべたら少なすぎるだろうし・・・。


義理や情、誠意や自尊心が行動の指針にある人なので、
私が二人の関係の為に大きな犠牲を払ったら(部屋の開放)愛情も深まるだろうし、
それなりのリターンはくれる人だとは思います


実際「○○がちょっと考え方かえて部屋を使えるようにしたら、
3倍くらいになって利益が返ってくるよ」と言われました。


ただ、「認知的不協和」理論から言ったら、
このまま部屋に入れないほうがいいんじゃないでしょうか?


私はそれ以外の点では従順なので、それをなくすと、
クレオパトラ理論の「支配しきれない女」ではなくなってしまいそうな・・・。


他の男にとられるかも?
という不安だけ残して、あとは全部満足(部屋にも入れる)の方がいいのかな??


=======================================



このブログでは、「相手を虜にするまでの事」に対して多く記載しており。その後の問題については俺も積極的にコラムを書かないのです。


なぜならば、虜にする事がもっとも大切だから。
その後は、大抵このブログにその子は戻ってこないからです。



俺もしっかりアフターフォローさせてもいますね。


俺の考えを知りたい人は、つづきを読んでね。




続きを読む »

スポンサーサイト
女性の輪の中だと、お互い褒めちぎるような事ってありませんか?


きっと貴方は、褒める時もあると思うし、褒められる時もあると思います。


女性は社会的に共同体を形成しようとする生き物です。
したがって、その場を雰囲気を良くしようとする為、ちょっとの事でもお互い褒めたりする生き物なんです。


もちろん、嘘はないでしょうが・・・
男が褒めたウェイトと女が褒めたウェイトでは重さがぜんぜん違うのです。



男は、共同体を無意識に作ろうとはしません。


男が言う。

  「最近、きれいになったね。」

  「雰囲気違うね。大人っぽくなった。」

  「色っぽくなったね。」



こういう褒め言葉、女性が女性の輪の中で話す褒め言葉よりウェイトが高いのです。



女友達に褒められて安心するべからず。



男に褒められてこそ。真の結果だと思います。




例えば、欲しいものが手に入ります。また欲しいものが増えますよね?

美味しいもを食べる。もっと美味しいものが食べたくなる。

これも、ごく当たり前の心理です。欲求とは、常に満たして次の欲求に変化して追い求めていくものらしいです。




男女間でも同じです。

男の欲求をかなえると、男は満足します。

その結果、貴女に対しての願望をエスカレートさせるのです。

その希望にこたえる為に貴女の体力や精神力を多く消費させることもあるのです。





好きな男性を、満足させることは素晴らしい事です。

ただ、末永く、色々な形で満足させることが出来たらさらに良いと思いませんか?



これがゆえに、相手の願望を直ぐに満たすことはいけないのです。

末永く、ドキドキされるように・・・・



その為に何をすれば良いか?

それは、相手に挫折感を味わってもらうのです。


夜遅く、電話していいか聞いたけど
(結果→) 断れる。

一生懸命デートを考えて誘ったけど 
(結果→) 断られる。

いい気分で出かけて、食事をして、最高のデートだったけど 
(結果→) ホテルでHできなかった。


男から見れば、「なんだよ!!(怒)」と思ってしまうようなことでも、このような事があるからこそ、楽しい時間がさらに強調させれて大切な重みがある時間になるんです。



どうでしょうか?


相手の欲求を、意図的に断る事をしてますか?


全てを受け入れる事は、相手の事を本当に大切に思っている事ではないんです。




いい女には目を奪われる。


実は、これは男の大脳生理の一部と言っても過言ではないのです。



子孫繁栄を生きる目的の1つ。そのために種をまくというオス種の男は、効率よく子孫を残すためのDNAをもって生まれてしまっているのです。


また、男は視覚的な生き物です。


狩をする上で、視覚が優れていないと狩が出来ないのです。女性以上に視覚で得る情報を頼りに生きていく事を何千年の間も行っていたのです。



生きるうえでの宿命。子孫繁栄。


子孫繁栄も、効率よく、少しでも無駄なく出来るように大脳もチューニングされているのです。



どのように?



そう。自分自身が視覚的に興奮する事が出来る相手(沢山やれる相手)を選ぶ事なのです。



それがゆえに、男はパートナー選びに見た目から入ってしまう。





これを事実として受け止める余裕を持つことが、女性にとって一番大切だと思います。



そのゆとりがたまらなく、大人の女性の魅力を引き立てると思います。



これが分かっている女性は、強いと思いますよ。



自分より男の注意を引くことが上手い女に対しても嫉妬する事無く。



自分より若い女性に目を奪われた彼氏に対しても、可愛くツッコミ。
なんのあせりも不安も見せない。


自分の彼氏を気持ちよく合コンに送り出し、キャバクラに行った話を聞く。



こういう女性は、知っていますよ。


男は、視覚的な所から入るだけだってね。




男と女の間に友情関係は、存在するか?


この質問には、賛否両論で、題材にするのがとても面白い。


この質問に対する答えは、私自身10年以上前から持っている答えと今も、変わりありません。




私の答えは、



男女間の友情関係は・・・・・







存在しません!






私は、このように考えています。


もし、世界で二人っきりになったら・・・・


間違いなく結ばれるでしょう。



子孫繁栄の法則で、この自然摂理に反する事は生きることに
反する事です。



でも、地球上で二人の存在になることは、ありません。
複数の男女が存在している限り、相手を選ぶ権利を全ての人間が持っているのです。



その選択のお陰で、男から見ると・・・・
自分のパートナーになる女と言う対象と・・・
女性と言う性別を持った人。このように無意識で判別しているのです。



これは、無限のパートナーをもつことが出来ないから。
これは推測ですが、いくらお金持ちでも100人妻をもった男は歴史で存在しないでしょう。女性に対しては、なおさらです。


旦那を複数もった歴史、人種はほとんど存在しないはずです。



つまり、対象となる相手は無限ではなく、少数に選別されるのです。




そう。この選別の幅が、変われば・・・・
いつでも、女性と言う性を持った人がパートナーの対象の女に変わる事はあるのです。



水商売をやっていると・・・・
この客とは、世界で二りっきになってもキスも出来ない。
と言う女の子がいます。


何を思っていっているか分からないけれど・・・・
世界の男が1人しかいなかったら・・・・
他の男と比べる物がない。つまり、その男に対して優劣をつける事が
時間と共に出来なくなってきます。


優劣がつけられなくなれば
好きも嫌いもなくなってしまいます。


そうすると・・・単なるオス、メスになる。





もう1つ、選択幅が広い人のハートを掴むほうがハードルが高い。


それは、競争率が高いから。


この理論をさかさまにすると、こうなります。


自然でしょう?




 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。