ザ・殿堂入りコラム!


最近の記事+コメント


キーワードサーチ


過去ログ


相互リンク


全記事(数)表示

全タイトルを表示

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




水商売の三大配りは


気配り、目配り、心配り。


今日は、その1つ。気配りのすすめです。





気配りとは、痒いところに手が届くことをする。


相手のちょっとした面倒の解決。


そして、相手が快適な時間を過ごせるような配慮。


これが気配りです。




代表的な気配りは・・・


飲み物を飲んでいる相手のグラスが空になりそうだったら・・・


それに対して気を使う。



このような事だが・・・一言にまとめると母親業。


襟が曲がっていたら、直してあげる。

服に何かがこぼれたら、拭いてあげる。

ごみがついていたら取ってあげる。




恋人の私生活だったら・・・


相手がお腹がすいた?と言う前に何か食べ物を作る事を相手に問いかけたりする。相手が言う前に、好きな飲み物を作ってあげる。


相手の事を知ったうえで、相手の気持ちを読み取って、相手の為に行動する。



大事な服は、相手が言わなくともアイロンをかけてあげる。


相手が出かけるときに、忘れ物があれば指摘してあげる。


レストランで何か注文するときに、相手が嫌いなものが入っていたら
取り除いてあげる。




あげたらきりがないくらい、気配りするチャンスは日常生活にあふれている。


人間は、日々面倒くさいやっつけ事に追われている。


それを取り除く事。




水商売の女の子は、私生活でも十分にモテル要素を持っている。


それは、日々仕事の中で気配りをしているから・・・


一緒にいて、居心地が良く。とても快適な気分でいられる。


だから好かれる。




そう思うのは、きっと私だけでないと思う。




スポンサーサイト
コメント質問された、内容をこたろうが掘り下げてみます!


お酒が入ると、人間変わるものです。


よくも、悪くも変わるのです。


大抵の場合、お酒はその場を明るく、社交的な場にします。




シチュエーションが、よりプライベートな感じならば・・・
(1対1 シリアスな場面でのお酒)


この場合は、その人間の心の奥底の本音が出やすい。






そう。だから、銀座のクラブやキャバクラでも


団体様席では、ワイワイ盛り上がり。


1人で来たお客様は、しんみりと口説きモードになりやすい。





でも、これは適量の酒量の場合!


一定量の酒を飲むと、お酒の力で自信がついたり。


お馬鹿な事をやってみたくなったり。のりで、何かしたくなったりするものです。


この部分を、見極めさえしっかり出来ていれば・・・・


酒の席での本音・・・馬鹿げた行動・・・の分別が出来るでしょう。




テンションを見ることですね。


テンションが、通常より、数段高ければ・・・・お馬鹿な行動だといってもおかしくないです。



人気blogランキングへ
貴女の一票がこたろうをドライブします。






男を癒す方法!

これは、大きく分けると2種類に分かれるでしょう。



物理的か、精神的

この二つは、両方必要だと思います。

どちらかが欠けても、駄目でしょうね。




精神的な癒しは、具体的な方法として文章にする事は出来ません。


相手によって多少変わるでしょう。


例えば、俺みたいにバンバンスケジュール入れて、常に動いている人間を癒す方法と、プレッシャーがない世界で生きる男とは大分違うでしょう。



でも、基本は。男はプレッシャーの中で社会的地位を高めていく。


これが本筋でしょう。



そのためには、男心を知って。相手が心地よくなるように接する。



そのためには、男にスケジュールを100%合わせる。


デートをドタキャンされても、何も文句は言わない。


相手が行きたい所と自分が行きたい所が異なれば、相手を優先させる。




相手にさりげなく合わせて、負荷を与えない言動を取ることが出来る。

これが大切な事でしょう。



また、相手の苦手な所など完璧に理解して、その部分には触れないようにする。



例えば、俺の場合・・・・

寝る事が苦手です。常に色々考えたり、頭の中を整理しないといけないので、そのために睡眠時間を削ってしまうのです。寝たくとも、頭が勝手に動いて眠れない状態になってしまうのです。


もし、一緒に相手が、
「まだ寝ないの?」「もう朝になっちゃうよ!」
「明日、早いんじゃないの?」「寝よーよ」
と言うならば、俺の心は休まりません。


分かるでしょ?寝たくとも、寝れないのです。


「眠いから先に寝てるね。」


これも50点。もし、本当にやることがあっておきているならば、良いでしょうが。寝たくとも寝付けない状態ならば・・・0点です。


俺が一番求めている事は・・・
自分が求めている事をヘルプしてくれる事です。


1人で集中して、仕事や書き物をしたければ・・・・
ほっとかれたいです。


明日の為に睡眠をとりたければ・・・
寝かしつけてもらいたいです。
(添い寝をして軽くマッサージをしてくれる)
(激しいエッチをして爆睡)

これを、言わずに理解して、自分をヘルプしてくれる子には本当に癒されます。



どうですか? 感覚的に理解できましたか?



相手が言葉に出さなくとも、心の中で何を求めている理解して



相手に合わせること。これが精神的な癒しの原点だと思っています。







プライベートの人間でも、接客の感性。


お金を貰っていなくとも、おもてなしのホスピタリティ。


これが大切なんです。


って・・・・ホステス相手に話しているみたいになってしまいましたが・・・・癒すと言う事は、こんな感じの事ですよ。











別に、恋愛だけではありません。


人の心に残る人間でありたい。
きっと多くの人間はそのように思うでしょう。



では、

「この人ありがたいな?」
「この人みたいになりたいな?」

と思わせるのでしょうか?



ズバリ、人徳でしょう。



人というのは、学校でも、スポーツでも、仕事でも何をやっていても
「辛いな・・・」と思える一面に出くわすものです。


その相手が辛いときに、身をていして一緒に辛い思いをすると
二人の絆は強くなると思います。


また、相手や友達が辛いときこそ、助けたり。
何か、相手の為にできないか?


相手の事を考えて、行動するべきなのでしょう。



最近、仕事をしていて思うのですが・・・・
人を惹きつける力は、相手の心の中の理解にあると思います。



いかに相手の立場になって見るか?
これが、本当に大切な事だと、感じています。







お久しぶりです。
気まぐれで、デザイン変更してみました。

色々コメントありがとう御座います。
日を改めて、返信いたします。

よろぴこ。


突然ですが・・・・


脱みぃー子のすすめ。今回のテーマはこれです!
みぃー子とは、その名の通り、英語のMEです。


ME!つまり、会話の中で、「私は」「私が」と言う言葉を連発して使う女の子の事を、コタロウはME子と読んでいます。


水商売では、「私は」「私は」で会話を進めていく事はタブーに近いのです。なぜだかわかりますか?



それは、必ず主人公は相手だからです。




辛口な表現なんですが・・・・
ストレートに言うと・・・


「お前の事なんかどうでもよい!」 という事です。



自分に軸を置かないのが鉄則です。



相手が何を求めているのか?
それを踏まえた上での自分トークでなければいけません。



相手の男が、貴女の週末や、本職の仕事や、趣味に興味を持っていないのに・・・・自分の週末でごく普通に起こりえる、全く落ちもない話をベラベラ話すのはタブーです。


悪魔でも、相手の興味あっての自分の話。



その話を、お腹一杯にさせないように話すからこそ!
ミステリアスな雰囲気を演出して・・・・


もっと知りたい。と言う欲求を引き出すようになるのです。




考えてみれば当たり前でしょ。


例えば、全く落ちがなく。笑えもしないプラモデルの話を「私話」を永遠と聞かされたらどうですか?


きっと退屈するでしょ。そんな事興味持たないでしょ!



相手あっての私話。この価値観が、脱ミィー子の第一歩だと思います。



つづきは・・・・



私と言う主語を多く使う副作用です。

知りたい人は、つづきを読んでね!




続きを読む »

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。