ザ・殿堂入りコラム!


最近の記事+コメント


キーワードサーチ


過去ログ


相互リンク


全記事(数)表示

全タイトルを表示

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




うちのお店の子で、とても明るくテンションが高い子がいるんです。



先日、営業中に彼女がテーブルの移動中
ノリノリでパンク調の動きのリズムで鼻歌を歌っていたのです。



近づいて、彼女の鼻歌を聴いてみたら、ビックリ。



なんと、「さざえさん」の鼻歌でした。



まぁ、彼女の話はさておき・・・・



曲により、感情が高まり、テンションが変わるのは事実。


前々から、これをどのような表現で、誰でも理解できて
親しみを感じて使えるノウハウになるのか、考えたこともありました。


そこで、やっとこたろう流のネーミングが出来ました。



その名は!



脳内ジュークボックス



感情を増幅させたり、今の感情を変えたい時
脳内のジュークボックスの中から、その時必要なメロディーを引っ張りだすのです。



ちなみに、こたろうの場合。


何かにチャレンジをする時・・・
              世界に一つだけの花 スマップ


疲れているのにやることが沢山ある時・・・・
ストイックに頑張りたい時・・・
              ロッキーのテーマ


恋愛気分を高めたいとき・・・
              ラブストーリは突然に(古くてごめん)


急いでいるとき・・・・
              運動会のテーマ


テンションを上げたいとき・・・・
              大好きなテクノの曲いくつか


何かに失敗して挫折感を味わったとき・・・
              負けないで ZARD




今、このコラムを書きながら考えていると、日常生活で
脳内ジュークボックスを使って、自分の感情をポジティブ転換している。と改めて感じます。


どうですか?



頭の中から曲を引っ張りだして、鼻歌歌うだけで少しでも気分が前向きになるならば、良い事でしょう。



脳内ジュークボックスで、心はハッピー





それにしても・・・・


テンション上げる為の、選曲が、なぜ、さざえさんになっていたのか?


彼女の過去が非常に気になる所です。




スポンサーサイト

初稿に苦戦!

現在、本の初稿を行っているんです。



それが、また大変なんだぁ!



もっと上手くかける。
もっと読みやすく出来る。と欲が出てきてしまっているのです。



そして、バチバチPCで打つわけではなく、赤ペンで原稿に修正を入れると言う作業なので、思っている以上に進みが遅く苦戦しているのです。



なんぜ、文字を書くことが苦手なので・・・・(涙)



このトラウマをどうやって乗り越えるか?


こんなことまで考えさせられるはめになり、ドツボにはまる寸前です。






トラウマって大切なんだよ。


トラウマを乗り越える事によって、許す事ができる凶刃な心を作る事が出来る。


いくつもの葛藤を乗り越えた人ほど、幸せな物ばかりに目を向けている人には存在しない、力強いバネがあるんです。



これ、本当ですよ。



自己実現だったり、思想を現実化するには、大きなエネルギーが必要なんです。そのエネルギーを出す為に葛藤は必要なんです。



大丈夫。人間みな弱いから。と言い聞かせながら。


自分自身に厳しくする。


こうでないと、未来の自分は存在しない気がする。




これは、ポジティブ思考の極論的な発想ではありません。

私は、当然の結果だと思っております。

ただ、この発想は数々の人々のエネルギーになったと思います。



「降りかかる問題は」




「全ては解決出来るもの」





例えば、私やこのブログの読者が、「北朝鮮の核兵器破棄の問題について解決しなければいけない。」このような問題が降りかかってくる事はまずないと思います。



それは、なぜか?



そのような問題を受け入れるキャパがもともとないのです。



人間にはその人間にふさわしい問題が降りかかってくるのです。そして、それは、その人間のキャパに合っているから、降りかかってくるのです。解決不能な自分にふさわしい大きな問題には直面しないのです。



このように考えると、自分に降りかかってくる問題は、今自分が向き合って、クリアーする為に与えられた物と考えて良いと思います。



もし、解決できなければ、必ずまた降りかかってくる。時間をかけて又向き合わなければ行けない。



どうせ、やらなければいけない物ならば・・・・



早くやったほうがいい。と思うのは私だけでしょうか?




このトピックは、私コタロウの独り言です。


コタロウが

コタロウの為に

コタロウを怒鳴りつけて怒る

変なコーナーです。



スルーして下さい。




自己のこうおをもって人にしいず


コタロウよ!


人々は、立場や境遇を異にし、ものの考え方、興味、関心など多くの点
で異なっていんだぞ!!


このような事実を忘れ、自分本位の考えで判断してはないか?良く考えろ!!(怒)



自分がよいと思うことを他の人に強要することがしばしばあるぞ、馬鹿たれ!!(怒)



他人の立場や事情を理解しないで行動すると相手の反感を招くような結果なるぞ!!(怒)



動機や目的がどんなによくても、時機、場所、場合、方法を誤ると、せっかくの努力も実を結ばないことになるぞ(怒)



決して自分の好悪を強いることなく、相手の気持ちや状況をよく考えて、徐々に開発を進めることが大切だ(怒)



わかったか、愚か者のコタロウよ!!



うぅぅぅ・・・・

反省するだぁ・・・・






↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

上のコラムは、私が1年半以上前に書いたものでした。


こうやって、読み直すと面白い。


俺って本当に、子供だったんだなぁ・・・・


自己の反省は、振り返ってチェックすれば、自分自身の成長に繋がる。


そう実感できました。


今日の自分は、昨日の自分より、良い自分でありたい。



今まで以上に、そう思えた今日このごろでした。




例えば、欲しいものが手に入ります。また欲しいものが増えますよね?

美味しいもを食べる。もっと美味しいものが食べたくなる。

これも、ごく当たり前の心理です。欲求とは、常に満たして次の欲求に変化して追い求めていくものらしいです。




男女間でも同じです。

男の欲求をかなえると、男は満足します。

その結果、貴女に対しての願望をエスカレートさせるのです。

その希望にこたえる為に貴女の体力や精神力を多く消費させることもあるのです。





好きな男性を、満足させることは素晴らしい事です。

ただ、末永く、色々な形で満足させることが出来たらさらに良いと思いませんか?



これがゆえに、相手の願望を直ぐに満たすことはいけないのです。

末永く、ドキドキされるように・・・・



その為に何をすれば良いか?

それは、相手に挫折感を味わってもらうのです。


夜遅く、電話していいか聞いたけど
(結果→) 断れる。

一生懸命デートを考えて誘ったけど 
(結果→) 断られる。

いい気分で出かけて、食事をして、最高のデートだったけど 
(結果→) ホテルでHできなかった。


男から見れば、「なんだよ!!(怒)」と思ってしまうようなことでも、このような事があるからこそ、楽しい時間がさらに強調させれて大切な重みがある時間になるんです。



どうでしょうか?


相手の欲求を、意図的に断る事をしてますか?


全てを受け入れる事は、相手の事を本当に大切に思っている事ではないんです。





私には、女優のような才能がない。


私には、モデルのようなスタイルもない。


もっと美しくなりたい・・・








俺も同じです。


俺には足りない所が沢山あります。


あげればきりがないです。


でも、いいんです。




足りなくとも・・・・・



ないない尽くしでもいいんです。



覚えていますか? 





ハルウララという競走馬。


競馬の事はよく分からないのですが、分からない私でもこの馬の事は忘れません。


100戦以上戦って、一度も勝った事がない!


サラブレットとして、見た目もよくない。スタイルもいまいち。


それでも、何回も、何回も走り続けた。



負けても、負けても、一生懸命ひたむきに走っている姿に
数多くの人々が心を打たれました。



きっと勝ち負けとか関係ないのでしょうね。



きっと、人の心を打つって、その人の情熱や、
ひたむきな気持ちなんですよ。



結果はよければいいけど、そんな事
気にしないでまっとうする事が大切なんです。





どんなに勝って、勝って、勝ち続けても・・・・



そこに、情熱やひたむきさがなければ意味がありません。



それならば、頑張って負けた方がよっぽど価値があると思います。



勝てばいい。手に入ればどのような方法でもいい!



このようなやり方に価値を見出してはいけません!



自分の欲望のまま、欲しいものを手に入れる事ができても・・・・



心ある人が回りにいなければ淋しいでしょうね。





ひたむきに一生懸命何かに向かうこと!


これが人の心を打つ事なんでしょうね。


どうでしょうか?


貴女は、何かに一生懸命になっていますか?




なぜか、男が寄ってくる女子っていますよね。
同姓には、あまり好かれないかもしれない。



「わざと演出している感」がみえみえと言う理由で
同姓から、好かれない傾向が強いらしいです。
(悪魔でも私、こたろうの経験と分析上での話です。)



でも、そんな事は異性である男には、どうでもいい話なのです。
男には、男のきちんとロジックがあり、自然にその女の子に近づいて
いるのです。



それこそが・・・
まさに、こたろうが主張する男の急所なのです。




その急所とは!




続きに興味がある人は・・・
コタロウに一票入れてから続きを見てね!













 です。




良く水商売のお店が面接時に、愛嬌の次に重要視するのが、隙があるかないかと言われています。それほど、その隙見せの要素はとても重要なのです。



これもなんとなく過去の経験でわかるような気がしませんか?妙にモテル子は隙があって、同じ同姓からみても危なっかしく見えたり。逆に意図的に隙を見せていて、「なんでそんなワザとらしいのに、男は、わざとだと気がつかないの?」と怒りを覚えたりした事ありません?



同姓である女性には、意図的に作り出した隙だとしても、男には意図的かどうかは二の次なんです。男にとって、一番重要なのは、隙があるか?それともないか?この部分です。



ただ漠然に隙をみせると言っても、具体的にわかりにくくないですか?



まず、何のための隙かはっきりさせなければ、いけません。そこをはっきりすることによって、より具体的に動けると思います。





こいつとデキルかも


と思わせる事が、隙をみせる目的なのです。




結局、男はあわよけばを狙っているんです。
なので、普段から隙がある子には必然的に男が寄ってくるんです。
恐ろしい事にドンドコ寄ってくるんです。




色々な隙の演出方法があると思いますが・・・・



私のお勧めは!


■「強く断る事が出来ない弱い所をアピールする。」です。


つまり、「押しに弱い」これが一番効果的。


流されやすい性格や、直ぐに付き合った男の色に染まってしまった過去の話なんかは、効果抜群です。ちかんにあっても怖くて何もできないなども、大きな隙になります。


ん~なるほどと思った貴女!! 


枝葉のテクに溺れないようにしましょう。


では、幹は何か?


「あわよけば・・・」と思わせる、隙を見せる。



言葉を変えると、「しっかりしていない


(弱い、流され易い、駄目駄目ちゃん)


これでいいのです。




それがゆえに、小悪魔と結婚タイプは全く別なのです。


なんでも手際がよくて、テキパキ、ビシバシ、しっかりしている、できる女は全く隙がない。


こういうタイプの女性は、逆に小悪魔の男バージョンやどうしようもない男にガッツリはまるケースが高いんです。


まぁ当然の結果ですけど・・・・


イメージつかめました?


隙には色々な隙があるのです。


男は隙が好きなんです。




ドキドキ感は、とても必要な感覚なんです。
そもそもドキドキってなんだろう?


ドキドキ = 不安


又は


ドキドキ = 期待


なんです。





その期待と不安な感情を上手く使わなければいけないのです。
特に不安は、恋愛とは切っても話せない関係です。



それは、人は不安に感じている時、一番近くにいる、身近な人に好意を持ってしまうからです。


もっと細かく言うと、不安を感じたとき、その不安を取り除いてくれる存在に安堵感を抱き、好意を持ってしまうのです。





ドキドキマッジクを知りたい人は!


ぽっちっと、1日1回こたろうを応援して続きを見てね!
人気blogランキングへ







■ドキドキマジック その1■
既に、カップルで付き合っている、又は貴女に興味を持っている状態から、メロメロにする方法。


この場合は、自作自演で相手を不安の状態にしてしまうのです。そして、その不安を安堵に変えてしまうのです。


デートを断るとか。ホテルに行くのを断るとか。風邪がうつるといけないから、キスを断るとか。メールの返信を一日しないとか。一日中留守電にしておくとか。


相手と距離をとるのです。そうすることによって相手は不安を感じるんです。いい感じに不安になったら不安を抱えた状態で、一泊寝てもらいましょう。(小悪魔っぷりを発揮)


寝る前に不安の絶頂になり、不安と枕を抱いて寝るでしょう。それで、一晩空けて、安心させてあげれば、ぐっと彼の気持ちが近づきます。


実に、文章で書くとあっさりで・・・本当?と思ってしまうような事ですが、効果は(超×100)絶大なり。





■ドキドキマジック その2■
之は、復習だよ。勘違いさせて好きにさせる方法。他の理由でドキドキさせて自分が近くにいるパターン。


ジェットコースター、観覧車など高いところ、お化け屋敷など物理的なドキドキ感を感情的なところに転換するやり方。


いくら絶叫系全然OKな男でも、乗る前の緊張感やドキドキは必ずあります。女だから、自分がもっとびびってドキドキしちゃうなんて引け目に思うつもりはないですよ。


何も思っていない相手であったとしてもも、ドキドキの勘違いの効果は絶大です。




 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。