ザ・殿堂入りコラム!


最近の記事+コメント


キーワードサーチ


過去ログ


相互リンク


全記事(数)表示

全タイトルを表示

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




毒舌を交わす作法は、身につける価値があると思います。



私が持っている1つの公式は




毒舌を上手にあしらう技術 = 玉の輿に乗る可能性のUP





毒舌を交わす技量 と 玉の輿に乗レル度 はある程度比例するんです。



なぜだかハテナマークを頭の上につける女性は多いと思います。




女性(彼女)に対して毒舌を吐く人間はどのような人が多いか?


ここがポイントなんです。


女性に対して、相手の気持ちなど考えないで、悪気なく毒を吐く男は・・・


教育にお金をかけてもらっている、坊ちゃん家庭育ちが多いのです。


エリート予備軍なんです。
(30後半にもなって毒を吐いているようじゃ考え物ですけど・・・)



彼らは、挫折しらずで、人の気持ちに対して無頓着なんです。


だから、さらりと悪気なく普通に毒を吐いたりする人間が多いのです。



貧乏は教育で断つと言われているほど子供の頃の教育は非常に大切で、
必ず花を咲かせるものです。人の気持ちに無頓着ならば、色々苦労する
事も目に見えましょう。遅咲きもありましょう。



バカボンでない限り、予備軍から離脱する可能性が非常に高いです。



このような男のウィークポイントは、どんな事を言っても上手流す事ができて、心が広い、また、プライドを傷つけないように男をあしらう事が出来る女にグラグラ来ちゃうんです。





そして、水商売の絶対法則からも同じことが言えます。



お金を使う男 ほど 求める要求が高い!



この要求が高いというのは、細かい事にうるさい。と言う事です。



上手なあしらいが出来なければ、一緒にいるだけで苦痛になってきます。



毒舌男をあしらう技術は、相手にとっても。自分にとってもプライスレスと言っても過言ではないと思います。





毒舌男を見たら、 チャンス と思いましょう。



だってお金を払っても、見につける事が出来ない技術を学ぶチャンスです。



毒男だからこそ、避けないで相手の心に目を向けて対応するべきなのです。




スポンサーサイト
更新遅れてごめんね。クリスマスはいかがお過ごしでしたか?


俺はねぇ・・・・・


女性と二日間ご飯を一緒させてもらいましたが・・・


早々引き上げ、結局。朝、夜1日2回に分けて二日間経済誌をトコトン読破して


自分のかぶぅーや、外貨のポートフォリオの組み換えに明け暮れてました。





んー、なんとも色気がない、寂しいシングルベル♪ チーン・・・








実は、大学時代の友達から1通の手紙が送られてきました・・・・



どうやら、世界の各地で反アメリカ運動が起きていたようですね。



既に沈静化されてしまっているようですが・・・・



それでも怒りの矛先を向けれない、



正義を求める人達がチェーンメールを回しているようです。







完全日本語吹き替え、フルバージョンはこちら♪

クリックすると動画が見れます!



貴女は、この衝撃的なドキュメンタリーをどのように受け止めますか?



悲しいが、これは99%が本当でしょう。



いつ、誰が、どのように動いても、欲望に支配された世界の歯車はとまらないのです。



それでも、世界のどこかで、誰かが



疑問視して、世界に真実を知らせようとしなければいけないのです。



俺は、巨大権力組織と戦うメンバーから引退しましたが



9.11事件で涙を流した人達の為に、これだけはブログに載せようと思いました。



暇なときに、このフルバージョンを見てください。




突然ですが男心を俳句で一句!



「また、会いたい


     次、いつ会うか


          決めときたい。」




んーんんんんん、決まった(笑)



「今度いつ合える?」


デートをして、相手がまた会いたいと思うならば・・・


男は、約束の日程を決めたいのが男心。



しかも具体的にね。



そう。男は具体性の生き物です。



「具体的にいつ何をしよう?」と誘うことが多いのです。



水商売のホステスの子は、
「じゃー今度そこに食べに行こうよ!」と誘われます。



そこで、ホステスが「いいですね?」と答えれば




「いつにする?」と具体的につめられるのです。





本日は、会うアポを取られる時の振る舞い方についてのコラムです。




水商売だけではなくて、普通の男女間の恋愛でもとても役に立ちます。






続きを読む »

私の計画書には、長期、中期、短期のプランが常に書かれています。





長期の目標は、だいたい5年後のあるべき姿を書いています。


その目標を達成させる為に、中期目標に小分けにして。


さらに、中期目標を小分けにして短期目標に細分化するんです。




このようにすると、道に迷わず。小さな成功を積み重ねながら、自信をつけて
着実にステップできると私は考えています。




五ヵ年計画 プランA


これは、私のプライベートワークと、本業の黒服業が交わり。
相乗効果で達成できる私の、キャリア+仕事目標の名前でした。


私は、五年以内に・・・・

1.本を出版して、メディア進出を基盤を作ります。

2.メディア進出をして、知名度と社会的信用を世間から受けます。

3.女の子教育方法を確立して、売れっ子を育てられるようになります。

4.自分の知名度で女の子を集めます。
  宣伝広告費を1円もかけないで100人の面接者を集めます。

5.俺がどのような店舗に行っても、身一つでV字回復が出来るキャリアをつけます。

6.自分の活動が、女性活動の啓蒙家として認識され、
  幅広いそうで応援されるようになります。


これが、俺の五ヵ年計画でした。


このプランを実現させる為に、
自分のフリータイムを2年半ささげたといっても過言ではないです。


今思えば、2年半でいけるだけの所まではいけたなぁ・・・・と言う充実感の反面・・・


この長期目標がなくなった今・・・


全ての計画が、ぐちゃぐちゃで何に照準を与えて頑張ればよいのか?


迷い、陰のサイクルでモチベーションも激しく低下しています。





悩んでも。考えても。


クリエイティブで、情熱的に燃える事が出来る長期目標が作る事が出来ない・・・・





悩んでも。落ちても。



結局、自分の中に夢や希望が出てこないと・・・・駄目なんだ。




ぐずぐずしているのは、生に会わないので・・・・



夢と希望の発見をする為に、がむしゃらに。動いてみようかなと感じました。




俺の特異体質は、会社組織ではどこに行っても奇抜で



組織からはほとんど評価されることないかも知れないけれど・・・・



皆さんのコメントを読んで、俺みたいな人間でも、必要とされのでは?と思いました。




応援してくれてありがとう!



こたろうは、公約します!



このブログを書籍化を決めます!



来年、夏までに完成させます。



そして、印税収入はチャイルドスポンサーファンドに寄付いたします。



手紙のやり取りや、その子供の写真など送られてきたり。



どのような教育を受けているかなど、全て報告してくれる信頼できるボランティア機関を見つけました。



スポンサーシップは、1対1の関係らしく。
まるで、遠いところに子供を持った感覚になれるようです。




皆様のおかげさまです。



人に夢と希望を与える事から、初めて行こうと思います。



夢を見ることが出来る人間でなければ、夢を与える事は出来ない。



今回、アフリカの子供に夢を与えたのは、俺の五ヵ年計画の副産物。




決して今の、俺自身ではない。


今の俺自身では何もできないし、それだけのパワーもない。


本当に救われるのは・・・・  俺自身かも知れない。






人生で、今日ほど悲しく思えた日はないです。



先日、日テレのみのもんたさんの番組
(思いっきり!イイテレビ)の制作担当者からお店に電話がかかってきました。



「こたろうさん。テレビに出ていただけますか?」




私の返答は、もちろんYES。メディアに露出する事を最初から目標にしていたので



テレビ出演は私の中で最終ゴールの1つでした。



テレビと言う巨大なチャンネルを使えば、本当に多くの人にメッセージを配信できる。




そして、会社の知名度も信頼度も一気に上がる事が期待できる。




私は、喜んで。部長に報告して、直ぐに役員にまで話が行きました。



その結果・・・・・



メディアに露出することを一切、禁じられました。




ラジオ番組も、テレビも両方NGです。



そして、副業的な事も完全にNGを出されました。




その理由に対して自分自身が納得するか、どうなのか?



これは問題ではなく。会社と言う1組織の決断で、そうなった。





残念ながら。



私が描いた夢の半分以上は1瞬で吹き飛びました。



涙が出るほど悔しいけれど・・・・



会社の決断を裏切るわけにはいかない。




1生の中で、たった1回でも。公の人間に認められて、テレビと言うパイプを使って


世の中の人に、自分のメッセージを伝えたかったな・・・・



今日は、家に帰るまで何時間も、何時間も歩きました。



木枯らしがふき。桜並木の葉が月夜に舞う。



立ち止まり。天を見上げて涙を流した。








でも、出版を予定していた本は、出版するつもりです。



これは、なんとしてもやります。



俺の執筆は、副業ではなくなります。



2冊目より、俺が書いた本の印税収入は、100%。



教育を受けられない子供の為に、寄付する事にしました。



それをきちんと会社に提出して、副業ではありません。



ボランティアです。と言う事を証明することにします。



これでNOの理由がなくなる。




そして、100%慈善事業の啓蒙家としての運動を行います。





どんな苦難があっても、挫折があっても、それをバネに乗り越えます。



悲しくとも、切なくとも、時は止まらず私たちは未来へと後押しされる。



これが、私が下した決断と覚悟。



少しぐらいは、お金持ちになってみたかったなぁ・・・・・



そすれば、もう少し、モテたかなぁ・・・・・



いいんだ。お金なんかに執着しなくたって。




なんだこのコメントは????

★★★小悪魔詐欺☆被害者女性の会★★★


信じられない。



こんな事が起きるのだろうか???



全身で鳥肌が立ちました。



なんで、こんなタイミングにこのようなニュースが迷い込んだのだろう。



何か見えない力が、俺を守ってくれたのかもしれない。



うちの会社の役員や部長も、こういった可能性も考えていたのかも知れないなぁ・・・・



あー、俺は本当に未熟だ。



世の中の人が、このようなバッシングをする事なんか?想像もした事なかった。



俺は、慈善事業の優しいお兄さんでいよぉ♪




誰がこのコメントを投稿した分からないけれど・・・・・



俺が下した選択が、間違えていなかったことを知らせてくれてありがとう。



少し気持ちが明るくなれました。



でも、蝶々さんの事をいじめないでください。


きっと彼女も、騙そうと思ってやったことではないと思います。



彼女がどのような事をしたか? どのような活動を行っているか?



私は正直知りません。彼女が正しいとも、間違っているとも言えません。



がしかし!!


彼女を信じて、彼女を支えてきたのもきっとファンであった貴方達です。



彼女が暴走したきっかけを作ったのも、貴方達かも知れません。



私が何を言おうと、きっと被害者と思っている方々の耳にはなにも入らないと
思いますが・・・・・



彼女もきっと最初は、少しでも多くの女性が美しく輝けるようにと言う
願いと志を持っていたと思いますよ。



誠心誠意を尽くして。世の為、人の為と思って



無我夢中で一生懸命やっていた時も、あったはずです。



そんな彼女が好きだったんじゃないですか?



人間、誰でも最高に光り輝く時があるのです。



最高に光った時だけ心の中に閉じ込めれば
それはきっと自分の目標や希望になりませんか?



あまりいじめないで下さいね。




昔使用していた、デザインのテンプレートを根性で改造しました。


と言うのも・・・・



ある子から、このブログを本にして欲しいとの要望があり。



ある出版社に駄目もとで聞いてみたのです。




そしたら、前向きな返答が来たので、計画推進中です。



過去を振り返って、このコラムよく書けたかな?と思ったものや。




反響が大きかったコラムを、殿堂入りコラムとして上記、右側にリンクを張りました。




それらのコラムで、拍手の数が多かったコラムが本の題材になります。



が・・・・



ここで、困ったさんです。



なぜ、PCでお金を一銭もかけないで、閲覧できる物にお金を払う必要があるか?



俺は、必要がないと思う。これじゃー、自分の気がおさまらない。



更なる付加価値をつける何かをプラスする形を考えています。




悩ましい。



前回の本とは、全く異なるタイプの挑戦になりそうです。




ブログに書いていない、プラスのコラムを付け足すか?


コラムの内容の、実用例をかくか?


内容をスマートに、利用価値が高いようにまとめるか?



このどれかで行くことになりそうです。



何か皆さんの希望とか要望とかありますか?


こういったものだったら、価値があるんじゃないか?




もし、何かあれば教えて下さい。


よろしくお願いします!




つり橋効果って聞いた事ありますか?


ちゃんと心理効果として証明されているもので、男女間では非常に使える心理テクニックです。


普通は
     悲しい → 泣く。
     熱い  → 触らない。
     嫌い  → 近寄らない

と、原因と結果がはっきり理解できる状態なのです。

中には、その原因がはっきりわからないときがあるのです。



例えば、子供が転んで、血が流れているのを見て、痛いと理解して、泣く。


このように、内部的な感情ではなく、外部の情報を手がかりに自分の感情を知ることがあるのです。


こんな心理実験があったのです。

1つ目の男性グループは、つり橋を渡る前に、女性が電話番号を渡す。
もう1つは、つり橋を渡っている途中で、女性が電話番号を渡す。

どちらのグループが電話をかけてきたかと言う心理実験です。

最初のグループ(渡る前組み)の場合、電話をかけてきた人は 37%。
後のグループ(渡り途中組み)の場合、電話をかけてきた人は65%。


と、見るに明らかに後のグループの方が、女性に電話しているのです。

実はこの現象は、自己認知エラーをしてしまう心理現象なのです。

一言完結でまとめると、勘違いなんです。



細かく説明すると・・・


つり橋を渡る興奮(不安と期待の入り混じり)、によって起きるドキドキ感。このような外部から来る心理状態と、女性が魅力的なため、ドキドキしていると言う内部的な心理状況を同一と認識させてしまっているのです。


それがゆえ、つり橋を渡っている途中に女性にあって電話番号を貰った男は、恋をしてドキドキしたと錯覚して、後に電話をしてしまったのです。


実は、このドキドキ感。刺激的な感覚はまだまだ、奥が深いのです。


今回は、女性が原因で起きた感覚でないもの(物理的外部影響)を、あたかも女性の影響と勘違いさせる方法です。


次は、ある感覚のときに自然に一番近くいる人を好きになってしまう心理について書きます。




真実の境界線

自分のあるがままの自然の姿を受け入れてくれる相手と一緒になる。


その方が、誰にとっても望ましい事。


のように見えますが・・・常に望ましい事とは限りません。




相乗効果でお互いポジティブに働き、二人の関係が良くなる場合


逆にネガティブサイクルに陥る場合の二つのケースが存在します。




ポジティブサイクルの場合:
お互い、お互いの事を考え。二人で向上し合える関係が保てる。


ネガティブサイクルの場合
お互いの欲求のぶつけ合いで、相手がこれをしてくれない。と要求がすれ違う。




この境目こそが、今日のトピック。真実の境界線です。






「あるがままを受け入れてもらいたい」と言う欲求は、無償の愛。


マズローの欲求階層でも、自分自身の夢を追いかけるよりも、早い段階で生まれる欲求なのです。



マズローの欲求階層説では・・・・


1番ベースにある欲求:食べる事が出来る。
              寝ることが出来る。

2番目(1番より1つ次元が高い欲求): 天敵がなく安全に暮らせる場所で暮らしたい。


3番目に出てくる欲求が、愛情が欲しい。


4番目は、社会認知欲求。つまり他の人に良く見られたい。


そして、最後は自己実現欲求。自分の夢を実現したい。




人間の欲求は、この順番どおりに心の中に表れます。


これがマズローの欲求階層説です。




最初に出てくる欲求ほど、本能的で動物的。


そこから考える事が出来る人間的な形へと欲求が変化するのです。




真実の境界線とは、この階層に完全に支配されているか?いないか?


具体的な言葉を変えると、自分の事を見失った状態で、無償の愛を求めているか?どうか?




具体的に言うと、社会にも認められない。


責任もない。自分の夢も持っていない。


こういった状態で、愛情を求めとめても意味がないのです。




けれど、心理的に言うと、気力がなくなり。何をやっても上手く行かない。


自信が喪失する。こういうときに誰かに愛されたくなるのです。




このような状態で、


愛情を求めれば、求めるだけ、相手との距離が広がる。



これが、ネガティブサイクルです。


一度歯車が動き出すと。どんどんマイナスの方へと進んでしまう、恐ろしいものです。




男女間の付き合いをしていれば、相手からの愛情が薄れていくことを感じることもあるでしょう。この時に、「愛情が欲しい欲しいと」欲しがってはいけないのです。



寂しくても・・・

相手の為に努力する。

自分自身に磨きをかける。

やりたいことは沢山やる。

友達付き合いもきちんとする。

趣味や教養を高める努力をする。



こういった事が必要とされるのです。


愛情が感じる事ができない、心に穴が開いている状態で、色々な事をチャンレンジすれば・・・つまづく事もあると思います。


例え、つまづいても頑張らなければいけない時なのです。



これをわかって、努力し続けられるか?


欲求に支配されて、相手の愛情を欲しがるか?


これが、真実の境界線だと思います。



どうですか?

欲しい。欲しいと愛情を欲しがった時ほど、失敗した経験がありませんか?




昨日、ある事でショックを受けました。



何度も、作っては試し飲みして作った必殺ドリンクメニューが・・・



なんと、返品されてしまいました。
(ちゃんとバーで作られているレシピに基づいて作ったにも関わらず。)



「こたろうさん、これ本当にまずいっすぅ。」
「頑張っても飲めないです。」




ガーン!!!! 超ショック。



ちょっとまてよ・・・・



考えてみたら・・・


うちの子は、本当に理解不明なドリンクを頼む。




例えば・・・


ウーロン茶、ソーダ割り。


注文を受けたときは、目が点になりました。


ソフトドリンク、ソフトドリンクで割る以上の強烈なインパクト。





そして、極めつけは・・・



梅入りソーダ



しかも、氷なし。




まるで、罰ゲームで飲むようなドリンクの味でした。




いくら頑張っても、これらと同じレベルの商品は思い浮かばない。



ここまで、くれば創作を通り越してます。



んー、困ったな。



誰か、アルコールが入ったカクテルに見える。


女の子が好みそうな、ノンアルコールカクテルないかな?




んー、困ったコタロウは・・・



結局、この問題を、バーを昔やっていたスタッフに丸投げして、せーせーしました。



めでたし。めでたし。




当時正義感溢れる、23歳の青年は、怒りのぶつけどころを探していた。


そう。
ビリオンカンパニー(世界超有名大企業)が行った発展途上国への工場進出の事だった。


ある国のある島の工場が火事になった。
従業員400人強。死者400人強。
生き残った人は、数人だった。


こんな事が実際に起きるのだろうか?
なぜ、従業員がほんの一握りしか助からなかったのか?


その実態は、奴隷労働だった。

奴隷同然の扱いを受け、監禁に近い状態での労働だったんです。
工場で1日数百円で1日に15時間も働かされていた。
作っていたものは、靴。その靴は、そこで働いている従業員の半年分の給料以上の価格で世界各地で販売されているのです。


この実態に立ち上がった人間の数は少なくなかった。


私がいた、ロンドン大学でも奴隷労働をさせる世界有名ブランド企業の商品は、買わない。
使わない 「NO LOGO」運動が立ち上がった。



正義感溢れる青年達は、世界中の人にこの事を知らせようとした。



場所:ロンドン、オクスフォードストリート(銀座4丁目の三越の交差点みたいな場所)
時間:13:00


青年達は、おもむろに車から大きな袋を持ち出し、道路のど真ん中に学生運動で集めた、靴、Tシャツ、帽子、ベルトなどの衣類を道の真ん中に積み上げた。


時間は1分以内。 何十人の学生によって行われた。


積み上げられた衣類品には、ガソリンがしみこんでいる。




ZIPPOライターに火をつけ、衣類品の山に投げ込まれた。


人通りが多い交差点のど真ん中に火の柱が舞い上がった!



同じ時間。


ロンドン、ピカデリーサーカスのファーストフード店のガラスがぶち壊された。


そして、ロンドンタワーの車メーカのショウルームのガラスがぶち壊された。




この事件は、勤労感謝の小さな労働者デモと報道され。



意図としていたデモの内容については報道される事はなかった。





この時23歳の青年は、人生で始めて留置所を経験した。


罰則もなく、法で裁かれることもなかったが・・・・


「青年は、資本主義の権力に勝つことは出来ない」と涙を流した。




青年は、この日以来、学生運動をやめ。

学問の道を目指した。





それから8年後。



31歳になった、彼はある文字を目にした。


ハイパー資本主義によって作られる格差社会。



この文字を見て、再び涙がこぼれそうだった。


そう。これから私たちの多くは、経済と言う鎖に縛られ。


奴隷のような生活を余儀なくする世界がおとづれる。




政府は、国民の不満をガス抜きさせるだけの道楽とわずかな自由は残すであろう。



不満が爆発して、国民全体の暴動がおきないレベルをキープしていく。
この為のケーススタディも、統計的なデータも十分にノウハウとして蓄積されていく事だろう。



これは、世界各国で広がりつつあり。格差をなくそうとする政策を打ち出しているのはわずかの国。アメリカ、インド、中国のようなハイパー資本主義は世界を飲み込もうとしている。


金持ちに優しく、庶民に厳しい政治。


一度、生活レベルを落すと、這い上がることが出来ない。


労働者を保護する、セーフティーネットが、時と共に少なくなり。


超格差社会は日本にも追い寄せてくる。






総中流階級の幸せ国家、日本も、良い国ではなくなってしまうだろう。



誰がどうあがたいったて、この歯車は止まらない。




今俺が出来る事は、少しでも多くの人に将来良い生活が出来るようになってもらう。



その肥やしになるコラムを書き続ける事。



皆さんは、きっと一生自分で仕事をやり続けて食べていこうと思っている人は少ないと思います。バリバリのキャリアウーマンの道を進むならば、自分の努力しだいでどうにかなるものです。


でも、家庭に入れば。自分の努力1つではありません。パートナーの力もあるのです。
パートナーを決めるのも、パートナーに力を与える事も皆さんが出来る事です。



こういった考えを持って、これからもコラムを読んで頂きたいなと思います。




俺の名前は、コタロウ。職業、銀座で営む水商売店の黒服である。
本業も副業も、専門は男女間の引力を学び、それを商売に生かす。



プライベートもどちらかと言うと、恋多いタイプ。
男女間駆け引きは得意な方だか、こてんぱんにやられる時もある。



そう。それがこのタイトル。彼女を一言で例えると・・・
純心に潜む危険な香りがする女。



個人的に、このタイプが一番苦手。



そして、自分の水商売経験から見ても
このタイプが売りな女の子は男を勝手に勘違いさせ、店に足を運ばす。



営業をかけなくとも、勝手に店に来る。
自分では、色恋路線を進む気がなくとも、男は勘違いする。
ダイレクトにNOを叩きつけても、それでも男は店に来る。



なぜ、男は勘違いするのか?
どうして、彼女からは危険な香りがするのか?



その秘密に迫ります。



続きはCMの後で!




銀座流売れっ娘ホステスの会話術


3ヶ月間で、2万部を突破!
中国語に翻訳され、中国本土進出決定!




つづきを読んでね!




続きを読む »

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。