ザ・殿堂入りコラム!


最近の記事+コメント


キーワードサーチ


過去ログ


相互リンク


全記事(数)表示

全タイトルを表示

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




やっとこさっとこ。。。 

気合を入れたミーティングと、4月からの戦略作りが終わり。

一段落。

思っている以上に、営業成績が悪化する可能性を、考慮して・・・・

アラートレベル最大級の、手を打ちました。

もし、4月、5月。昨年の成績を下回るならば・・・・・

痛みを伴う、路線しか道は残されないだろうと、思っています。



景気が良くなれば、水商売は一番最後に潤い。

景気が悪くなれば、一番最初にダメージを喰らう。

とても、難易度が高い商売です。

つまり、ハイリスク、ハイリターンという事です。



働いている女の子にとっても、同じ事。

お店の売上が悪くなれば・・・・・

女の子にも大きなプレッシャーがのしかかる。





辛いときは、女の子達以上の重荷を背負う覚悟の営業を行う。と断言した手前・・・・・

仕事量が、ドカンと増えてしまいました。

痛みを与えない、てこ入れが実現するか?



今、この景気の中。

どの企業も必死の営業努力をしているはずです。

本当にがんばったって、上手く行かない会社も沢山あるはずです。

がんばらないで、上手く行く事など、まずないでしょうね。




と言い聞かせ続けているので・・・・

最近、第三者の人間(仕事にかかわりのない人間)の事を考えなくなってしまっています。

本当に反省です。

煮詰めすぎているのでしょうか?

こういう時は、視野も狭くなりがちになるので、逆に仕事の時間は最大限短くするように心がけます。



と言う事で、気まぐれコラムを1つ。


つづきを読んでね。





続きを読む »

スポンサーサイト
■真莉 ちゃんへ
いつつ上ですか?しかも、真莉 ちゃんも若そうですね。恋愛経験も、恋愛IQも相手の方が上でしょうね。小細工なしで、正当派で行けばいいんじゃないかな?

小悪魔的な事は、経験がないと上手に出来ない事の方が多いです。
逆を考えれば分かります。女の子が、女慣れした、意地悪っぽい男にはまるのと同じです。

経験が少ない状態で、遊び上手を演じるのは、かなり無理も出てきてしまうと思います。
頑張ってね。 でも、このブログは読んでおくと、為になると思うよ。



■トローチちゃんへ
それは、オーナーママの特徴だと思いますよ。オーナーママは、自分の力でお店を出した。
それを誇りに思い、特に自分の力で店を出したママは、ワンマンになりがちだと言えます。
つまり、お店のナンバーワンは、自分自身であり、お店の顔が自分なんです。

小さいお店ならば、なおさらそうなりがちです。
回りの人間を、落として、自分を上げる。このような傾向はあると思います。

女社会ならば、どこでも存在すると思いますが・・・
小さなお店で、つく席の数も少なく。お客様が少なければ、同じ席に着席する時間も増えます。

だからこそ、そういった事も、特に目立つ事でしょう。
感情的になっている時、相手に反発する事はなく。完全に下手に回り。恥をかかされても
ママと戦う事は、避けたほうが良いでしょう。
自分のお客様の前で、叩かれても、ファイトバックしない。これは一環して守る価値があります。
男目線からは、それが良く見られます。
良く、席でいじめられた側の女の子の方を持つ男性客と言うのは非常に良くありがちなんですよ。

だから、自分のお客様に対してしっかりやっているれば、ひけ目に思うことはないと思います。
頑張ってね。


■たまぞうちゃんへ
すれ違ったら、声かけてくださいね!
最近、忙しく、1人で煮詰める事が多いので、他のお店の子と会話をしないので・・・・


■MIKIちゃんへ
その画廊、調べましたよ。
もしかして、絵描きさん?
ちょっと行って見ようかな?
最近、めっきり芸術に触れないので、たまにはいい絵見たいかもです。



■迷える子羊ちゃんへ
返信送れてゴメンネ。役に立てなかったね。
それにしても、サイテーな男だね。けど、そういうタイプいますよ。
タクシー代出すとか行って、二人でアフターに行って、ホテルに連れ込もうとする。
ホテルに行かないならば、タクシー代出さないと言って・・・
本当に出さない男もいます。

なんだかんだ言って、出してもらっただけ良いと思いますよ。
それで、係り報告は・・・そのお姉さんに行った方が良いと思います。

お店のメンバーは敵ではなく、チームとして動かないといけません。
お姉さんも、自分のヘルプで入った女の子が次も積極的に協力してくれることを望んでいるはずです。
それをフォローするのもお姉さんのマネジメントサイドの仕事の一部なんですよ。

大変だっと愚痴を言うのではなく。実はこんな事があったんです・・・
何とか切り抜けました。もし、次の機会があれば何人かで一緒させてください。
というのが、一番良いと思います。



■michikoちゃんへ
もうしわけありませんが、直接、会って話すことは出来ません。
出来れば質問の内容を非公開コメントで構わないので、書いてください。



■さちちゃん
おおおお、久しぶりだね。元気してた?
俺は、最近、こもりがちでちょっと生活パターンを変えようかなと思っています。
まぁ何をやっていても、お陰様で元気にやってます。
心配してくれてありがとうね。


■りんちゃんへ
踏ん張り所ってあるよね!
俺も、自分自身でそれを感じる事があります。
そこを踏ん張って持ちこたえると、自信がつくんだよね。
だから、そういうときこそ、根性を出すようにしてます。
それを繰り返すと、もれなく俺みたいにストイックになってしまいます。
女の子なんで、そこそこに頑張ってね。


■ohちゃんへ
甘やかすとつけあがる。確かにその通りかもしれませんね。
現状分析に関しては、常にクールで言う事も裏づけがある言葉だから、大丈夫だと思う。
俺は、褒める担当じゃないので、辛いと言えば、辛いかも。
どこであっても、シビヤな空気を作る人間は、最低でも1人は必要だから、自分がやってます。



■とみいちゃんへ
ありがとう。俺から情熱と好奇心を取ったら、何もなくなっちゃいます。
もう32歳になるけど、情熱だけはいつになっても失わないようにしますね。



■みみちゃんへ
確かにひどいですね。そのママは、チョッと短気なんじゃないかな?
特にお酒が入ると、感情が思いっきり入りやすくなるし。
かと言って、お客様の手前上、飲まないわけにもいけないし。
感情のぶつける所が、なくて女の子にあたっている感じに見えます。

もし、俺がみみちゃんの立場だったら、まだ辞めませんね。
ママが抱えている問題を、どうやったら解決することが出来るか考えます。
もちろん、売上なのでしょうが・・・・

ママが、みみちゃん達にやって欲しい事が何か?
どのように営業したらいいか?など、ママと真剣に話した事ある?

一方通行じゃなくて、腹を割って話して。真剣にサポートしてみるのはやりがいがあると思うよ。

 
もし、仮に店がつぶれたとしても・・・・
それは、みみちゃんを大きく成長させます。
自分のお給料の未払いのリスクが、発生しそうな段階になるまでやりこんだ方がいいような気がします。苦労は、早いうちからやっていくものです。その分力がつくので、もし俺がみみちゃんだったら、あえて棘の道を進みます。


■まみちゃんへ
小悪魔的に振舞えなかった事を、敗因としてあげるのは、もしかしたら正しいかもしれません。
このブログでも、良く言うように男は、理由なく女の子をデートには誘いません。

そして男は、ステップ、ステップ前に進んでいる感触も欲しいのです。
れは、あくまでも良そうですが・・・・まみちゃんは、彼と3回デートを重ねて
じょじょにハードルを下げて、相手を受け入れる姿勢など見せなかったんじゃないですか?

つまり、フラットで平坦なデートの繰り返しになり、進展がなく。面白みがなかったのかな?


それに関しては、このブログ内にほとんどの事が書かれています。
そのコラムを読みながら、彼とのデートと、メールなど思い返せば、沢山こうすれば良かったな・・・
と言う部分が見えるはずです。そうすると、次回気をつけるようになるし。
彼に対しても、再チャレンジのチャンスがあれば次の未来を変える事が出来るかも知れません。


頑張って、色々読んでね。



■白ゆりちゃんへ
なかなかいいお店には出会うことは出来ないでしょう。
私は、銀座で30店以上のお店に面接に行きました。
それで、やっと見つけたお店です。
でも、本当に良いお店か?へんなお店かは?
働いてみないと分からないのです。
実際に、行動するしか前に進むことが出来ないのです。


それと、風俗で働いていたことは、隠すように。
確かに同じ水商売かも知れませんが・・・・
もし、面接時に面接官が悟ったら、その疑いだけで不採用になるケースもあります。
気をつけたほうが良いと思います。


もし、お店を本気で探すならば・・・・
非公開コメントで、メアドを本文中に、書いてください。
店探しの、コツとスカウトが出没する場所を教えます。



■はるなちゃんへ
はるなちゃんのコメントは、削除させてもらいました。
気をつけてください。自分の電話番号も、メアドも公で公開されていましたよ。
このブログには、変な人が来ませんので大丈夫だと思いますが・・・
少しは、警戒して下さい。

返信は、メールさせてもらいます。




私が働いている、お店も山場を迎えます。

店を移動して、半年になりますが・・・・・

これから試練の半年を向える事になりそうです。



お店の状態は、大分良くなってきたと思いますが・・・

まだまだ、自分でも納得できるまで仕事が出来いなく。

手放しで安心できる状態には、程遠いのです。



可能な限りの営業努力を行い。

女の子にかける重荷以上の物を、背負う覚悟で4月から勝負かける事にしました。

その準備に追われ、毎日仕事に明け暮れています。



今、私の人生でも。もしかしたらもっとも覚悟を決め。

お店を良くするために、考えられる全ての可能性を網羅している気がします。



女の子と違って、俺からお客様とコンタクトを取ってお客様を呼ぶことは出来ないのです。


出来る事は、女の子が働きやすい環境を一生懸命考え。



女の子が納得して、営業に気持ちが向けられるようなミーティングを行う。



俺の頭から、煙が上がっている状態が数週間続き・・・・・・


不眠症になりつつも。


弱音は言わない。どんな逆境にもくじけてたまるか!




4月からの半年間は、成績を落とすことが許されない。


安息な時間は、いつ来ることだろうか?


疑問を持ってもしょうがないから、走り続ける。


馬鹿みたいに、直向に努力することしか出来ないから、それをやる。


後は、信じるだけ。


きっと、うちの女の子達は、答えてくれる。



4月からの命運をかけるミーティングまで、あと二日。



二日あれば、まだまだ出来る。


だから、俺は寝ない。


誰もが、あきれるくらい、ベストの状態を追求する。




最近の俺は、こんな感じ。


コメントの返信は、週末にしますね。遅れますけどよろしくお願いします。


来週、少し落ち着いたらまた、コラム書きます。




凹みました。折角書いた文面が、全て飛びました。
時間切れで、情報が保存されなかったようです・・・・



■さちちゃんへ
駄目でもいんです。好きと言う気持ちに情熱になって、努力し続ける事は素晴らしい事です。
そして、輝いていると思います。自分の気持ちに素直になって頑張り続けることが自分自身を
幸せにする道だと思います。

自分自身が納得できるよう、悔いが残らぬようベストを尽くせるよう祈っています。
頑張って下さい。影ながら応援しています。


■トローチちゃんへ
最近、水商売の子からのコメントが増えて、私自身喜ばしい事です。
なにかあったら、いつでも来て下さい。
私が持っている知識と頭の思考は、世の女の子の為にふりーで極限まで提供すると
決心してこのブログを始めたのです。女性の社会的地位の向上と、幸せを願っております。
この努力によって、将来私自身も水商売の世界で、報われると信じています。
いつでもこまったら、きてくださいね。遠慮はご無用です!


■由紀子ちゃんへ
いいえ。良い質問で、多くの人に知ってもらいたかったから題材にさせてもらったのです。
こうした、読者のコメントがこのブログを支えているのです。
私には、ありがたいことなんです。
これからもよろしくね。


■まおちゃんへ
コラムの題材にさせてもらいました。
非常に良い質問を投げかけてくれて、ありがとうございます。
私の頭もなまってきたのでしょうね。皆さんのキラーパスのような質問がないと
良い題材を見つけられないようになってきました・・・
努力不足ですね・・・・


■K子ちゃんへ
善意に訴えかける心理戦は、心理戦の中でももっともレベル高い方法の1つです。
ですが、諸刃の剣で、誤ったタイミングや、相手によっては自分を危険な目に落としかねない方法でもあるのです。この手の心理戦に慣れるまでは、相手をよーく知る必要もあります。
そのバロメーターは、相手の紳士度合い。相手の騎士道精神を判断材料にすると良いと思います。
悪の心を持つ人間に対して、善意に訴えかける心理戦は通用しません。
この事に対しての理解も必要です。頑張ってね。


■まなちゃんへ
今回貰った、まなちゃんのコメントは、コピーしてプリントアウトして、私の手帳に貼る事にしました。
お店ナンバーワンになる為には、誰もが振り返る美人である必要はない。誰もが写真を取りたくなるようなスタイルは必要ないのです。このことを、このブログを通じて証明してくれたことは、私の中でも、ブレイクスルーなのです。

まなちゃんが言うとおり、アフターユーの精神は日本人の心に響きます。
日本人の男文化は、そういった女性を、何千年も求めてきたのです。
本能的に、反応してしまうぐらいDNAにすりこまれているのです。

意識して取り組めば、その意識は潜在意識の中に刷り込まれます。
そのアフターユーの精神は、まなちゃんの血となり。将来の幸せを作る為に非常に役に立ってくれます。頑張ってね。思想は、思い続けることで血の中に入るのです。



■いずみちゃんへ
お店、できている男女がいるなど?複雑な人間模様から派生する問題は厄介です。
簡単に解決したりする事が出来ません。そして、その問題と共存するのも難しいです。

私の頭では、ドンピシャな答えを直ぐにお答えすることが出来ません。
メールで返信させてもらいます。

登場人物の視点で、仮説を立てて、理論的に色々な角度でじっくり考えて
返信させてもらいます。少し時間をください。



■ゆりかちゃんへ
非常に興味深い質問をありがとうございます。
今度、コラムにさせてもらいます。
実に、私自身とタイプ的に似ている可能性が高いですね。



■yちゃんへ
その質問に対する答えは、公の場所では出来かねます。
非公開コメントに、アドレスを書いて下さい。
メールで返信させてもらいます。



■サトミちゃんへ
中々難しい事です。その手の悩みはパラドックスに陥る問題ですが・・・
解決方法がないと言うわけではありません。

なぜ、彼女がいる男は駄目なんですか?
それは、浮気をする男は好きになれないから?
自分が、相手から奪いとる自信がないから?

もし、私がサトミちゃんだったら・・・・
相手から奪います。そして、相手を奪われないようにします。

本命のアプローチか、遊びのアプローチか?
小悪魔的に言うと・・・・
それは、問題ではありません。


問題は、相手の懐にはいったら・・・
どうやって、自分が本命のポジションになるか?
本命のポジションから落ちない為に何をするか?
この部分が、争点となるべき所なんです。


違いますか?
はっきり言います。男は、チャンスがあれば誰でも浮気したいと思っています。
どんなに自分の彼女に満足していたとしても、チャンスがあれば浮気したいのです。
そういう生き物なんです。このような男の習性は女性にとっては歓迎するべき事だと
思いますよ。


悩む必要はありません。
私も、全ての女性を幸せにしようとなんて思いません。
強い物。環境に適応できる人間のDNAしか残っていかないと思っています。


弱者は、負けるのが当然。
好きで欲しいならば、奪い取りましょう。
取られたほうが悪いのです。



■toppobitちゃんへ
分かりました。メールします。



■ERIちゃんへ
確かにその通りです。ホステスとは、女業です。
折角、コメントを頂いたのでERIちゃんが前向きに仕事ができるように一言わせていただきます。

服装について。自分が好きな服を着るという事は、自己満足の1つです。
その自己満足は、自分の気持ちをハッピーする事は間違いないです。

でも、自分の服装1つで、自分のパートナーを幸せにできたらどうですか?
自分自身の服装は、自分では見えないのです。自分の服装を一番見る人間は、
自分がいつも一緒にいる人です。

水商売を通じて、相手の好みを考えたりする機会が増えると思います。
それが仕事だからです。相手の好みに合わせて、自由自在に服装や髪型を変える事は
女性にとったら武器になるのです。

それは、男のDNAの中には・・・・
自分が沢山、エッチできる人と一緒になりたいと言う動物的本能が組み込まれているからです。
目線、仕草、服装、髪型などビジュアル的な部分だけでも、その本能を刺激することが出来ます。


確かに、相手重視で自分の身の回りの事が決まるから、不憫に思ったりする事も多いと思います。
が、将来自分が、自分の求める幸せを獲得するという自己実現へ近づく為には・・・・


自分だけが幸せになると言う次元から、相手を幸せにする事によって、自分が幸せになる。
と言う LOVE AND Be Loved in return. 愛して、愛されるという過程は必要になってくるはずです。


そういった意味合いでも、今大変だと思っている事は、決してムダではないのです。
むしろ、いつか分からない将来に必要な事だと思います。
自分だけの執着を人に受け入れてもらうことは、愛情欲求を満たしてくれます。


でも、自己実現欲求と言う、マズローの欲求階層の一番上にくる欲求を満たす為には
自己表現欲求を受け入れてくれる愛情欲求と言うレベルを超えなければいけないのです。


まさに、FOR YOUの精神なしに、真の幸せなしです。
そう思うと、相手のプレゼントを考える。相手が好む服装や髪型を考える。
と言う事が、意味ある事と思えてくるでしょう。


どうですか?




お客様があきることは、想定範囲以内。と言う営業を心がけなければいけません。
なぜか?女の子が落ちない。 これは、あきらめになるのです。
100%あきさせない方法は、存在しません。


その手の手法の王道は、親友になってしまう。恋の相談相手になってしまう。
つまり、色恋営業から、人情営業に変えていくしか方法はないのです。
友人となり、情でたまにお店に来る。細く長いお客様にし。
そのようなお客様を沢山作る事によって、自分の指名数をキープできます。


それでも、お客様は減っていきます。
このロジックを具体的に考えた人は、きっとあまりいないでしょう。
なので、具体的に説明させて頂きます。



女の子は、出来るなれば気楽で接客できるお客様の方が好きなんです。
自分が楽な道を選択しがちなのです。自分では気がつかないのです。



これは悪い事ではありません。
むしろ当たり前で、人間的な行動なので自分自身を否定的に考える必要はありません。



水商売と言うストレスが溜まる環境下では、常に精神力を消耗するのです。
その反発作用として働く心理が、自分が楽にいられるお客様との人間関係に執着してしまうと言う事です。



それが故に、他のお客様に営業をかけて、自分が持っているお客様の層の底辺を広げるより。
狭く、密な人間模様を作る営業を行ってしまうのです。



ですので。少数特定のお客様に執着するのではなく。このブログで、何度も登場してきた、高確率セールスと言う営業手法を取り入れて・・・去るもの追わず。常に新規開拓。として、見切りを早くする営業を行わなければいけないと思っています。



もちろん、少数特定のお客様に対して執着して頑張ることは、悪い事ではありません。
その中で、いかに長く続けてもらうという自分の能力を鍛えるには、チャンレンジし続けなければいけません。




なので、執着してベストは尽くすが・・・
あまり多くの時間を費やさない。
他の人間を開拓していく。


この部分を、考えていかなければいけません。



もし執着して、あきさせない為に何をすればよいのか?
また、どのように考えればよいのか?


この質問に対する答えは、すでにこのブログに存在します。



カテゴリーの、実践心理学を見ればあきさせない心理学については網羅しているはずです。




大丈夫ですよ。
だれでも、あきられます。あきられないホステスなんて、この世に存在しません。



大切なのは、そのような事実の中。どのように自分が動くかです。
この努力を忘れなければ、報われる時が必ず来ると思っています。







近日中に、返信と、ブログの更新を行います。

遅れてすみません。

今週末に、ゆっくりパソコンに向かいマース♪




水商売をやっていると、やたら外で会おうとするお客さんに会うのは同然です。


なぜならば・・・・


外で会うことが出来れば・・・・


お客様にとってお店にくるお金はムダだから。


でも、女の子はお店に来て欲しい。



これは、永遠の課題で、単純明快な解決策があるわけではありません。


それは、相手がどのような人かによって、出る答えが全く変わるからです。




一番、女の子にとってやりやすい方法は・・・・


相手に悟られないように、交換条件なような交渉を成立させる事です。




男だって、馬鹿ではありません。


何も得ることがなくて、お店に通い続けることなんかしないでしょうね。



男が何を求めているかによりますが・・・・




質問の内容を見た感じだと・・・・


「店の外で会うことしか考えないお客様ばかり。」


つまり、色恋を求める男性客に出会う確立が非常に高いという事ですね。


そして、お金に対してシビヤに考える人が多いという事ですね。







色恋を求める男性客に、接待のマネージメントを提供しても駄目です。


相手の求めているに反応しなければ、いけません。


水を飲みたがっている人に、お米をあげてもしょうがないのです。







このタイプの攻略方法は、お店で出来るだけ距離感を縮める。


私の本に書いてある方法を使うと良いでしょう。きっと出来るはずです。


アフターや店外デートは断る。


理由は、良く知らない人とは外で会うのはNGという事を伝えるのです。


表現は、自分の表現でオブラートに包んで下さい。




ここで起きる壁は、メル友の壁です。


お金に対してシビヤな男は、メール攻撃をしてくるでしょう。


それに応戦していると、メル友になっちゃいます。




それも完全に悪いことではありません。メル友になって、ある程度人間関係ができたら・・・・


今度お店に来て♪とダイレクトに誘うのです。これでNOならば、切った方が良いでしょう。


でも、メル友になると、メル友で終わる確率が高いことでしょう。俺の経験則でいうとそういえます。





出来るだけ、メル友になりさがらないように意識しながらメールして。


一度、お店に顔を出したら。ランチに一緒に行く。そして早く切り上げる。


今度は、2回お店に来たら、1回アフターに行く。


など、距離感を掴みながら、取っていくのが良いと思います。




大切な事は、このように意識してもお店に来ないお客様です。


そのような人はお店に来ません。



俺も、仕事の付き合いや友達の付き合いでキャバクラに行くこともあります。


どんなに営業されても、お店に顔出したことはありません。


そういう人間もいるんです。そういう男は、早めに切るんです。




水商売をやっていると・・・・

「愛人になってくれ」と誘われることが少なからずあると思います。



確かに、甘い誘惑です。


他に彼氏を作っても良い。


サポートもしてくれる。


物も買ってくれる。


旅行にも連れてってくれる。


マンションも借りてくれる。



そして、その代償が・・・・


女の子の時間と体。



以外にも、気色悪くない、普通にちょいモテなダンディな男から声をかけられたら、


心が揺らぐ時もあると思います。





なぜ、揺らぐか?


それは女の子にとって、とっても都合が良い条件だからなんです。


その将来に起きるリスクが見えてないからです。




皆さんは、きっとDNAで感じとっている事です。


男と違う感性です。



女性は、一度お付き合いした男より上のレベルでないと付き合わない傾向が強いのです。



これは、より生存確率が高い子供を生む為にDNAがそのように脳裏に訴えかけるのです。



特に、年齢を重ねると、妥協しずらくなります。


水商売をやっているとプライドも出てきます。


その結果、身の丈に会わない良すぎる男と付き合うと、良くない可能性が出てくるのです。





非公開コメントで、もし俺だったら愛人のオファーをどう断るか?と言う質問を貰いました。



私ならば、相手の事を好きで現在断る理由が全くない上で、断ります。



こんな感じです。


○○さんとお付き合いしたら、本当に好きで離れられなくなっちゃう。


絶対に自分の物にならないし・・・・
○○さんと一度付き合ったら、○○さん以上の人をどうやって見つければいいの?


私を苦しめないで。


と言って抱きついて。涙流せば・・・




男は、フリーズしてしまいますよ。


相手も希望を持っている事だろうし。拒否もしていないし。


嘘と言う立証もできないだろうしね。


魔性的な、断り文句でしょ。


この手を実際に使ったホステスの子は私が知っているだけで二人います。




■葵ちゃんへ■
彼が怒った理由を説明しましょう。彼は忙しかったのです。
その結果、たった5分ほどしか時間が作れないといったのです。
葵ちゃんが怒る理由も分かります。だって、相手が欲しいと言った物を一生懸命作ったのです。

男は、女性にキレて欲しくないのです。
特に、自立精神が溢れていて、イケイケな男ほど。黙って、俺に合わせろ!
と言うタイプが多いものです。
彼はきっと、「そうなんだ。たった5分しかないんだぁ・・・でも、会えないよりいいから。ありがとう」
と言う答えを期待していたと思います。

葵ちゃんが怒った事が、彼にとって重くなったと言うのが私の見解です。

この状況を、謝るのは良くないです。かえってマイナスです。
謝ることはないです。葵ちゃんが怒るのも正当な理由。ここで、相手に必要以上に謝ると・・・
超重いヘビー級の女になってしまいます。きっとそうなれば、次はないでしょう。

何度も連絡を、一生懸命取るのもマイナスです。しつこい部分が見えてしまうと・・・
これも重い女になってしまいます。

動きたい気持ちは分かりますが・・・
じたばた動くとマイナスに動く時は、ぐっと耐えるのです。

もし、彼が今度コンタクトを取ってきたとき・・・何事もなかったように、明るく楽しく接する事が出来れば
次のチャンスにつながります。気軽に接しられ方が、男にとってはまた、会いたいと思うものです。



■るんちゃんへ■
小悪魔術は、国民性によって大きく変わるか?
変わらないとは、言えませんが・・・・根本は同じだと思います。
例えば、こういう事です。
先進国の国行けば行くほど、女性は強くなります。
女性の社会的地位が高く、雇用もほぼ平等にチャンスが与えられています。
このような時代を長く持っている国とそうでない国でも、多少違うでしょう。

例えば、イギリス。
世界的にも、女性上位の国と言えます。
日本人の普通の男の感性を持っていたら、まずイギリス人女性とはまともに恋愛できないでしょう。
そっぽ向かれてしまいます。イギリスの男性は、女性に色々してあげることが当たり前なのです。
女性もそうされる事に慣れているのです。

私の小悪魔論は、イギリス女性がモデルになっています。
また、私の正当派女性論は、小悪魔とは全く逆で、大和なでしこがモデルになっています。

今の日本は、両方が中途半端にぐちゃぐちゃになっています。
つまり時代の変化期にいるといえましょう。

この部分を知っているだけで、大分アドバンテージになるはずです。
相手の男が、どちらのタイプを本能的に求めているか?
この部分に注目するようにすると、色々見えてくると思います。



■まめちゃんへ■
ホステスの仕事と行っても、ぴんきりです。
3時間働いて、日給6万円以上もらえるお店もあります。
逆に、気楽に楽しく1日6時間働いて、日給2万円と言うお店もあります。

どちらが良いですか?
ここで、日給6万円を選ぶのは、それなりの覚悟が必要です。
きちんとした理由があって、日給6万円なのです。
店で仕事をしている時間は3時間かも知れないけれど・・・・・
昼間に、ペンを持って手紙を書いて。昼にお客様とランチ。その次に違うお客様とお茶。
仕事前には、同伴の食事。お店のあとには、アフター。
空きそうなウィスキーボトルは、体調がどんな状態であっても必ず空ける。
一月に、洋服、アクセサリー代だけでうん十万円は使う。
これが、日給6万円の仕事です。

きつい仕事には、きついだけ大変な仕事なのです。


自分で悠々自適に1人暮らしをやって生活できるレベルは、東京ならば
月30万円でしょう。これぐらいならば、良いお店に入ることが出来れば
楽勝で稼げると思いますよ。


もし、お店選びや、自分がどの程度できそうか事前に知りたいならば
私にメール下さい。メールしますので、そこに返信下さい。



■ちなつちゃんへ■
どうやったら、綺麗になれるか?
その答えは自分自身の中にあります。どれほど綺麗になりたいと言う欲求があるか?
そのためにどれだけの物を犠牲にして頑張れるか?
私が出来る事は、ほとんどありませんが・・・・・1ついい事を教えますね。
くびれを作る体操があるんです。
ホステスの中では、話題になっている方法で・・・
自分では、認めたくないが本当に効果がある体操なんです。
びっくりするくらい効果があります。
今度、コラムにしますね!



■マギーちゃんへ■
相手が1人になっている所に、さりげなく声をかけるのがいいんじゃない。
例えば、立食パーティならば・・・
相手が何か食べ物を取りに言った時に、相手の近くの物を取りに行き。
自分の物を取りながら、話しかける。
これって映画のシーンなどで多く見かけませんか?

もっとも自然な、ジャブのようなもので、相手に負荷を与えない。
相手に変な気持ちを抱かせない自然なアプローチのやり方だと思います。
だからこそ、映画などでよく使われると思いますよ。

不自然な状況を作らない事だけを意識すれば、自然に上手く行くでしょう。
もし、お酒を飲む場所ならば、相手が酔っているのを確認して、行うと楽に
コミュニケーションが取れると思います。


■はっちゃん■
超久しぶりだね。元気してた? 
ブログ再開したんだね。相互リンク、いつでもOKですよ。
はっちゃんは、本当に健やかに成長しますね。
元が小悪魔的だから、そのような正当派の考え方を大切にするのは非常に良いです。
小悪魔的な面と、正当派的な両面を磨いてこそ本物です。
小悪魔のように振り回すけれど、配慮したり、気遣いが出来たり。
自立する気持ちが強い。こうなると、駄目だめちゃんでも男はほっておけなくなってしまうものです。
頑張ってね。自立精神が高いことは、いい事です。



■balちゃんへ■
ホステスは、基本的に個人事業主と分類されます。
簡単に言うと、社長さんです。お店と言う箱を借りて、自分で店のヘルプの女の子を借りて
営業をしているというイメージです。
ですので、確定申告は自分で行わなければいけません。

ドレスやメイク道具、交通費、交際費など経費として認められる範囲が多く。
経費を使うと、収益がほとんど残らない形で確定申告するのが通常のやりかです。

つまり、払う税金が少くするようにするのです。
所得税だけは給料天引きが多いと思います。その分も確定申告しなければいけないです。

やらないと、損するのが普通だと思います。



■クミコちゃんへ■
なるほどねぇ・・・・
確かに、俺が書いた本が、びっちりみについていたらこのようにはならなかったのでしょうね。
彼も、かなりプライドが高いですね。恋愛経験が多い????
いいや、実際は恋愛経験が少ないでしょう。
恋愛経験が多い人間が持ってる遊び人気質が持っている特長はほぼゼロに近いです。
過去の女の話や、他の女性の話をするのは・・・・
俺には、色々女性が身の回りにいる。と強がりたいのです。
なぜ、それが見えるか?もし、自信があるならば、試すようなことはしない。
クミコちゃんのどのような気持ちで接してくるか気になるのです。
自分から、大きなアクションは取りたくないのです。
なぜか?


それは、失敗するのが怖いからです。


では、なぜ勇気を絞って、捨て身のアプローチをしないから・・・・
ドライな表現ですが、そこまでクミコちゃんに惚れこんでいないからだと思います。
でも、そこまで悪い状態ではなく、過去の経験が邪魔をしている可能性もあるでしょう。

一度、惚れこんでアタックした女の子に、心理的に大きくやられたのでしょう。
女性を信じたくない気持ちも見え隠れします。


男は、女の子が思っているより臆病だったりするものです。
特にプライドが高い男く、保守的な男は、女性からの好感的なアプローチがないと
動かないものです。


彼は、安心が欲しいと思いますよ。
そっと隣で寝て、安心させてくれる。
自分が心配しないでも、自分の近くにい続けてくれる子を求めているような気がします。


でも、一線を越えたほうが良いと思います。
彼の家に、お泊りして。
一緒にお酒を飲んで。楽しんで、勢い任せとかもありかと思いますよ。


そうそう。男でも女でも・・・
心理的に不安を抱えている時ほど、押しに弱いものです。
そこをわかっていて、つけ込むのも小悪魔です。


この私の推測も、外れている可能性があります。
外れている場合は・・・・


友人関係以上には、発展させたくないと言うストッパーが働いているときです。
大切な友達以上恋人未満としてキープしたい。
そして恋愛対象は他にいると言う場合です。


この場合でも、自分から突っ込んでいかなければいけない事は変わらないかも知れないですね。




 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。